空知管内随一の桜の名所、東明公園【北海道美唄市】

桜の名所で知られる美唄市の東明公園。
ゴールデンウィークに訪れると、花見客で大変な賑わいです。
園内には1600本の桜の木が植えられた丘陵地帯と、沢をせき止められてできた池があり、池の東側には野鳥の森が広っています。

2017年5月4日

訪れたのは2017年5月4日。
ピンクに色づいた桜の花が一部で綺麗に咲いていますが、満開にはまだ少し早いようです。

スペースカリヨンと呼ばれる展望台。公園を一望する場所にあります。

北海道野鳥観察地ガイドによると、池の周りに遊歩道があるそうです。
しかし、荒れ果てていて現在はなんと立ち入り禁止。とっても残念!
5月上旬には、センダイムシクイ、キビタキ、アカハラ、ニュウナイスズメなどが期待でき、かつてはエゾライチョウなども観察されていたそうな。
遊歩道の復活を強く望みます。

見られた野鳥

トビ、ニュウナイスズメ(メス)、コゲラ、コガモ、カイツブリ

翼の大きなトビ【東明公園】/X-T1,XF55-200mmトリミング
ニュウナイスズメ(メス)【東明公園】/X-T1,XF55-200mmトリミング
コガモ【東明公園】/X-T1,XF55-200mmトリミング
東明公園
所在地:北海道美唄市
訪問日: , 訪問者:YOPI
満足度 ★★★☆☆ : 3


◇カテゴリー:公園  北海道

ニュウナイスズメの不思議

メスはなぜ白いのか? ニュウナイスズメのメスが、池のふもとにあるカラマツで女子会をしてました。 ニュウナイスズメのオスはかなりスズメっぽい。 名前の由来通り、ホッペのホクロ(ニュウ)がないスズメと言っていい。 でも、メス … “ニュウナイスズメの不思議” の続きを読む

2017年5月 

野鳥の名前の由来がわかる日本野鳥歳時記【オススメ本】

日本野鳥歳時記

野鳥写真家の大橋弘一さん著作の本です。 以前紹介した「パッと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑」と同じナツメ社から発行されています。 野鳥の季節との関わりをテーマに、名前の由来や古典文学での扱われ方などの文化的側面を重視して記載 … “野鳥の名前の由来がわかる日本野鳥歳時記【オススメ本】” の続きを読む

北海道で野鳥探し

北海道で行ったことのあるバードウォッチングスポットを紹介します。 オススメは野幌森林公園。様々な野鳥がお出迎えしてくれます。 三笠市立博物館周辺も、たくさんのアカゲラやシマエナガに出会えて気に入りました。 あまり知られて … “北海道で野鳥探し” の続きを読む

かつて囚人の喉を潤したヌッパの沢水源地とナラの名木【北海道三笠市】

三笠市立博物館裏で野鳥観察を楽しむ【北海道三笠市】

アンモナイトが沈む桂沢ダム湖

10  


PHOTO MAP

※地図上のマークをクリックすると詳細へ
Web Services by Yahoo! JAPAN

■スポンサード リンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA