北を目指すマガンたち【宮島沼】

北海道美唄市にある宮島沼は日本最北のマガンの寄留地として知られています。
ここで見られるのは毎年春と秋の2回。
春は3月下旬から5月の頭まで。
飛来数のピークは4月下旬。

撮影日は5月4日。
この時期になるとピークは過ぎ、沼はスカスカ。
もうかなり飛び立ってしまっている。

しばらくして、沼に残っていたマガンが一斉に飛び立った。

沼を飛び立つマガンたち

さすがに夕方から渡り始めることはないだろう。
周辺の田んぼに夕食をとりにいったか、何かに驚いて逃げたか。

マガン[宮島沼]/X-T1,XF55-200mmトリミング

7万羽が一斉に飛び立つ大迫力の渡りをそのうち生で見てみたい。

マガン(真雁)
 分類:カモ目カモ科マガン属
 分布:冬鳥・旅鳥
 特徴:オスメス同色。
宮島沼    YOPI
満足度 ★★★★☆ : 4

◇カテゴリー:カモ科

夕焼けに映えるトビ【宮島沼】

5月初旬の宮島沼。 マガンの渡りのピークが過ぎ、静かな湖面にトビの鳴き声が響きます。 獲物をしとめたようでお食 … “夕焼けに映えるトビ【宮島沼】” の続きを読む

2017年5月 

何気ない景色が感動に変わる広角単焦点レンズ/ FUJINON XF16mm F1.4

X-T1+XF16mmF1.4

風景撮影用にFUJINON XF16mm F1.4を購入しました。 購入するときに比較したのは、評判のよいXF … “何気ない景色が感動に変わる広角単焦点レンズ/ FUJINON XF16mm F1.4” の続きを読む

大迫力の渡りが見られる宮島沼。【北海道美唄市】

毎年7万羽以上飛来するマガンの休憩地 美唄市の西側、石狩川にほど近い大富地区にある約30haの沼。 この沼は宮 … “大迫力の渡りが見られる宮島沼。【北海道美唄市】” の続きを読む

夕焼けに映えるトビ【宮島沼】

北を目指すマガンたち【宮島沼】

2   2017年5月  マガン、トビ、ツグミ、カワラヒワ、アオジ、マガモ、ムクドリ 


撮影地周辺マップ

※地図上のマークをクリックすると詳細へ
Web Services by Yahoo! JAPAN

■スポンサード リンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA