船橋地名発祥の地:海老川【千葉県船橋市】

船橋大神宮の近くにある海老川にかかる橋の上に、船橋地名発祥の地の碑があります。

船橋由来

この碑によると、この海老川を古代の英雄が渡るために地元民が小舟を並べて橋の代わりとしたという。
そのことから、この辺りの地名が船橋という名前になったのだとか。

船橋由来
船橋由来

そのまんまといえばそのまんまですが、地名の由来を知るのは面白いですね。

船橋地名発祥の地
所在地:海老川にかかる橋の上
訪問日: , 訪問者:YOPI
満足度 ★★★★☆ : 4


野鳥の名前を調べるのにオススメの本「ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑」

ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑

野鳥観察にオススメの本・そして本サイトの参考文献を紹介します。 イチオシは、「ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑」です。 オス、メスの区別や夏羽冬羽の特徴を写真で紹介し、似ている野鳥は見分け方をイラストで解説しています。 … “野鳥の名前を調べるのにオススメの本「ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑」” の続きを読む

灯明台:船橋大神宮にある和洋折衷灯台【千葉県船橋市】/魅惑の灯台No.4

現在は使われていない、船橋にある灯台をご存知でしょうか? その名も「灯明台」。 船橋大神宮の境内にあります。 船橋沿岸を航行する船が、この境内にあった常夜灯を目印として利用していたそうです。 戊辰戦争の際に一度焼失し、現 … “灯明台:船橋大神宮にある和洋折衷灯台【千葉県船橋市】/魅惑の灯台No.4” の続きを読む

船橋地名発祥の地:海老川【千葉県船橋市】

1   2018年1月 


PHOTO MAP

※地図上のマークをクリックすると詳細へ
Web Services by Yahoo! JAPAN

■スポンサード リンク■