縁結び空港から出雲大社へご参拝【出雲市大社町】

旅行で出雲に来る観光客は、例外なくこの地を訪れるのではないでしょうか。
人気の観光地、出雲大社。
空いてる朝に訪れるのがいいですね。

出雲大社

出雲大社へのアクセス

出雲縁結び空港から出雲大社へは、空港連絡バスが便利です。
連絡バスの出発は飛行機の到着と連動しており、トイレなどで
もたもたしていると置いてかれるので注意が必要です。

祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

祭神は、古事記や日本書記に登場する日本神話の神、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。

出雲大社

出雲大社の創建は古く、正確にはわかっていないといいます。
そして全国の神が毎年わざわざここで会議しにやってくる。
しかし、スピリチュアルな印象はあまり感じませんでした。

出雲大社

出雲大社の参拝方法

近年の一般的な神社の参拝方法は、「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」と言われています。
しかし、出雲大社の参拝方法は「二礼四拍手一礼」と公式ホームページに記載されています。

出雲大社のうさぎ

出雲大社はいつから四拍手になったのでしょうか。
杵築大社(きずきたいしゃ、きずきのおおやしろ)から出雲大社(いずもたいしゃ、いずもおおやしろ)に改名されたのが明治4年。
明治時代に神社の一般的な参拝方法について、政府によって統一が図られたといいます。
杵築大社時代から四拍手なのか、二拍手に抵抗して四拍手になったのか。

出雲大社

栃木県の大前神社、東京都の大國魂神社などは、同じ大国主大神を祭神とするにもかかわらず二拝二拍手一拝。
参拝方法の違いは、祭神による違いではないようです。
逆に、祭られてる神様が違うのに参拝方法が皆同じ、というのも何か不思議な感じがしてきました。

出雲大社

時代や政治によって神社の参拝方法も左右されているようです。
情報統制が図られていた時代とは違って、現在は真贋不明の情報が容易に手に入る時代。
そして、非常識だったことがいつの間にか常識になる時代。
今後はより参拝者の個性が重視され、だんだんと自由な参拝が行われていく時代が訪れる。
ちょっとそんな予感がしています。

出雲大社 カエル

見られた野鳥

シジュウカラ、ヤマガラ

出雲大社
 所在地:島根県出雲市大社町
/ YOPI
満足度 ★★★☆☆ : 3

◇カテゴリー:中国・四国

なぜか立派な出雲日御碕神社【島根県出雲市】

出雲日御碕神社

人口わずか400人ほどの町、出雲市大社町日御碕。 出雲から路線バスで20分ほど。 バスターミナルの玄関口から徒 … “なぜか立派な出雲日御碕神社【島根県出雲市】” の続きを読む

2016年10月  トビ 

松江市内の街並みを展望できる現存天守。国宝松江城【島根県松江市】

松江城

島根県の県庁所在地、松江市。 その中心に悠然と佇む松江城。 築城は江戸時代初期(1611年頃)と言われている。 … “松江市内の街並みを展望できる現存天守。国宝松江城【島根県松江市】” の続きを読む

2016年10月  ハクセキレイ、トビ、ヒヨドリ、コサギ 

伝説の舞台、稲佐の浜の弁天島【島根県出雲市】

稲佐の浜

出雲大社から歩いていける距離にある稲佐の浜。 なんでも旧10月に全国から神々がこの浜に上陸するのだとか。 この … “伝説の舞台、稲佐の浜の弁天島【島根県出雲市】” の続きを読む

2016年10月  ハクセキレイ 

10月、ウミネコのいない経島(ふみしま)【出雲市大社町日御碕】

経島

経島は、島根県出雲市大社町日御碕にあるウミネコの聖地。 島全体が柱状節理で形成されている特徴ある小島です。 ウ … “10月、ウミネコのいない経島(ふみしま)【出雲市大社町日御碕】” の続きを読む

トビ、電柱でお休み中【日御碕】

1   2016年10月  トビ、イソヒヨドリ 

何気ない景色が感動に変わる広角単焦点レンズ/ FUJINON XF16mm F1.4

X-T1+XF16mmF1.4

風景撮影用にFUJINON XF16mm F1.4を購入しました。 購入するときに比較したのは、評判のよいXF … “何気ない景色が感動に変わる広角単焦点レンズ/ FUJINON XF16mm F1.4” の続きを読む

中国・四国の野鳥探索

宍道湖

中国・四国地方の野鳥探索地です。しかし、単なる旅行記となっていることが多いです。 遠いのであまり来る事はできま … “中国・四国の野鳥探索” の続きを読む

縁結び空港から出雲大社へご参拝【出雲市大社町】

なぜか立派な出雲日御碕神社【島根県出雲市】

松江市内の街並みを展望できる現存天守。国宝松江城【島根県松江市】

5  


撮影地周辺マップ

※地図上のマークをクリックすると詳細へ
Web Services by Yahoo! JAPAN

■スポンサード リンク■